空と光と風と  ~日々の暮らしごと~

夫婦二人ぐらしの主婦です。スマホで撮った写真と日々のあれこれを書いてます。

4本目の蕾と面接前の準備のこと

ヒヤシンス日記🪻
4本目の蕾が延びてきました✨
過去に3本というのはあったけど、
1つの球根から4本も花がつくのは、
はじめてのことでうれしいびっくり😊


蕾のついた枝がぐーんと伸びてきて
花が開いてきたら
突然根元のほうからおじぎするように折れている。
よぉく見ると次の花に押されているよう。

折れたところにハサミを入れ花瓶に挿す。
そしたら、また次の枝がぐーんと伸びてきて
半分ぐらい花が咲くとまたポキっと‥‥。
そしてまた次の枝が伸びてくる。

何年も水耕栽培やっているけど、この咲き方ははじめてのことです。


花瓶の花3本。
左から順番に並べてます。
長女の茎がいちばん太く、
二女三女とだんだんと細くなっているのがわかります。


ヒヤシンスも最近の暖かさにびっくりして、
急ぎ足だったのかも❓


葉が落ちると枝の美しさがくっきり


就職試験の面接、終わりました。

前日も当日も食事も睡眠もいつも通りで
平常心だなと思っていたのだけど、
終わったあとの解放感が半端なかったので、
やっぱり緊張してたみたい


極めたスキルもなく、
専門的な知識や資格もない。
子供も育てていないのにキャリアもない。
今まで漠然と感じていた後悔と自己嫌悪。


履歴書を書きながら、
自己PRを真剣に考えてみました。

正社員で技術系の仕事を10年、
アルバイトでサービス業を10年、
パートで事務職を17年、

違う職種をそれぞれ10年以上続けている。
あれ?
これっていろんなことできるってこと?
10年は同じ職場で辛抱強くやってきた?
結構やるやん私!
 
面接の準備のために良いところを見つけようと
自分を肯定的に捉える時間を持てたこと。
私の履歴書を少し誇らしく思えたこと。
そして、一番は
夫もそう思ってくれてるとわかったこと。


それは、
オセロの黒を白に
パタンパタンとひっくり返すような
爽快な感覚でした。


結果はまだですが、
合格より大切なものを貰ったような
幸せな気分になりました♡


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

昭和の映画館で、『アメリ』を観た

昔観たけれど、ストーリーが全然記憶にない映画『アメリ』


覚えているのは、
主人公のアメリを演じるオドレイ・トトゥのきれいな瞳と口元、
ファッションがすてきだったこと、
街並みや部屋がパリっぽかったこと((笑)パリが舞台ですから)
このぼんやりとした記憶も当初のものでなく、後から入ってきた情報なのかもしれないのだけど……。

話題の映画だったし、今まで紹介されることもあったけど、
敢えてスルーして、この映画は映画館で観る!と思っていました。



2023年年末、22年経って(2001年11月日本公開)
デジタルリマスター版でリバイバル公開ということで、
ようやく映画館で観ることができました。

この色合いがたまらない


やっぱり1シーンさえ覚えてなくて、初めて観る映画。
おかげで新鮮に楽しめて、忘れっぽいのもお得でよろしい。
すごく楽しみました。
しかも、以前観た時は印象に残っていないのだから、
年齢を経て今の方がより楽しめたみたい。


かわいい映画みたいに思っていたけど、
登場人物は偏屈な人たちばかり。
変な人の変な思考、ありえない言動なのに、引き込まれます。
次から次へと続くアメリのいたずらもかわいい。
映像がすごく好き。
映画館で観るのにぴったりでした。

【幸せになる】
幸せになりたいでなく、幸せになる。


誰もが持っているけど意識の外にある頭の中のおもちゃ箱を
美しい映像でみせてもらったような……。

この映画って、すごく好きな人と、すごく苦手な人に二分されるのだろうなぁ。途中で席を立たれた方もいました。


シアター・シエマ
佐賀県佐賀市にある昭和の雰囲気を残す映画館。
かつて映画館だった場所に2007年12月にミニシアターとして
オープンしました。
「映画館だけど映画館じゃない場所」というコンセプトをもとに、イベントなども開催されてます。
観たかった映画が目白押しで、ただいま会員になろうかと思案中。

佇まいと空気感。
時間軸がずれたような不思感な感覚。
心地よくて、懐かしくて、切ないような
ここはひととき現実逃避できる場所。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

>
山田洋次監督の色紙

親の老いに自分の老いを考える

少し前のことになりますが(2023年11月放送)
NHKのあさイチで、カスタマーハラスメント(カスハラ)のことを放送していました。

放送を見てどきっとしたので、
NHK+で再度見直すことに(放送後1週間は見れる)
気になるところは巻き戻して、ノートも取りながら

それから3カ月経ちましたが、
忘れないために書き残すことにしました。

カスタマーハラスメントとは、
顧客からの理不尽なクレームや言動のこと。
まず思い出したのは、店員さんが土下座をさせられた動画。

日本は、世界で一番便利な国で、
こんなにサービスの行き届いた国は少ないという。

外国で暮らす人のエッセイを読むと、
えぇ~っ(*_*;マジか⁉、と思うような日常がたくさんです。
旅行でハワイ、韓国ぐらいしかいったことのない私にとっては
カルチャーショック?!!

当たり前のように世界一のサービスを受け取っていたことを再認識します。


歌手の三波春夫さんの「お客様は神様です」ということばは、
昭和世代にはおなじみですが、
あの言葉の真意は、「神前で祈るときのように、雑念を払ってまっさらな、澄み切った心にならなければ完璧な芸をお見せすることはできない。お客様を神様とみて、歌を唄うのです。」
唄う時の心構えのことだそうです。

三波春夫オフィシャルサイトでは、
「お客様は神様です」について 
当時のいきさつやクレームをつけるときの恰好の言い分となってしまっていることに、説明されています。
私も間違って理解してました。

お金を払っているほうが、優位な立場にいるような錯覚。
誰もが被害者にも加害者にもなりうるということ。


イラっとした時に何が原因だった?

①相手が自分のいうことを聞かなかったから
 ⇒ 自己主張型 支配力 いいから私のいう事を聞け

②自分のメンツが傷つけられたから
 ⇒ プライド型 私をよく見せたい。私の方が知っている

③自分は正論を言っているのにわかってくれないと感じたから
 ⇒ ゆがんだ正義型 自分がルール。こんなの常識だろう

④自分の味方がいないと思ったから
 ⇒ 被害者意識型 私をバカにするのか。ネガティブ

⑤時間がなくて急いでいたのに相手がもたもたしていたから


カスハラをしないためにも、自分の傾向を知っておくことも大切ですね!

カスハラを受けた時は、一人で抱え込まない。

カスハラの現場に居合わせたら…、
これがいちばんの悩ましきとこで、
番組内でもいろいろ意見が分かれてました。
ケースバイケースということでしょうか?

今日のヒヤシンス。葉をぐーんと押し開いて紫色の蕾が

少し長くなりますが、ここからは自身の話。
私には今年90歳になる父と83歳になる母がいます。
病院に行くことは多いながらも、日常生活は自分達で元気に暮らしています。
生活圏は自転車で行動し自立してますが、
フォローしないといけないこともたくさんで、顔を出すと何かしらの用事を頼まれます。

病院の送迎
買ってきてほしいもの
連れて行ってほしいところ
食べたいもの
からだの不調
家の不具合
野良猫の糞をどうにかしてほしい

一番時間をとられるのは、
父親が使っているパソコンやスマホの不具合やわからないこと
(ウイルスバスターがいつのまにか消えたり、使っているソフトが使えなくなったり、写真が見れない、ラインが開かない、ホーム画面が勝手に変わった、スマホの着信音が聞こえない、アプリの引継ぎがうまくいってない、ありとあらゆることをやってくれます(´;ω;`)ウゥゥ)
私は訪問カスタマーサービス
自分のパソコンもあやふやなのに頭がショート😭

放送があった時期、
いつも以上にいらいらしていた私は、
父親の言動にキレて、

いつもだったらイラっとしながらも、
嫌味のひとつでもぼそっとつぶやき
(父は耳が遠いので聞こえない)
受け流すのですが、
その時ばかりは、
「だったら自分でやれば。もう何もしません」

それからしばらくは、両親ともびくびくして気を遣っている感じで、
そんな両親の態度にこれってパワハラだよなぁと、思い当たったわけです。

親にしてみれば、
出来ないことが増え、
世の中の便利にはついていけず、
じわじわといろんなところが痛かったりつらかったりしてつい弱音や愚痴を言う。

いろんなことを忘れ、
めんどうくさいことは放棄し丸投げし、
トイレの汚れは見えないと言い張り、
食べこぼしのシミのついた洋服や泥だらけの靴も気づかない。

親の老いる姿を見るのは切ない。

それももちろん本当なのだけど、
もう一つの本当は、
親の老いる姿を受け止められない。

親の老いを経験することで
否応なしに自分の老いを見せられている。
頼る子供もいない私は
その時どうしているのだろう?
親の愚痴や要求の度に、切なさと恐怖でいっぱいいっぱいに


両親とも亡くなった友人も多い中、
2人揃って「老いる」姿を見せてくれること、
2人揃って元気で笑ってくれてることが
ありがたくて奇跡のようなことだと
頭ではわかっているのだけど


親から守ってもらえる領域を出て、
守ってあげる存在に変わらなければいけない時がきたようです。
そして
自分の老いを迎える強さも必要です。


少しずつ春の光に変わっているような
三連休の初日。
受験生の皆さん
健康に気をつけてがんばってください。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村


産地直送すぎる!!

“今から寄るけど家にいる?”

連絡から20分。

友人が届けてくれたもの。
 畑から掘ってすぐの大根(おでん大根も)
 ちぎったばかりの晩白柚
 産みたて卵

鶏小屋を作って
鶏を飼ってきて
餌をやって
卵を産んだ
という一連の流れをFacebookで見てたので、
産みたて卵🥚
感慨深くてありがたさ倍増です。

その日のうちに卵かけごはんで食べたのだけど、
卵の弾力が半端なくて、かき混ぜても黄身と白身が混じりません。
生卵の白身って敬遠しがちだったのだけど、おいしくて感動。
キレがあるというか雑味がないというか
とにかくおいしい。


晩白柚は1か月ぐらい置くので、風水的に西に黄色ということで、
リビングの西の方角に置いて眺めながらその日を待つことにして🍊
待つ時間も楽しみ♡
楽しみはとっておきたいタイプかも?
ケーキのいちごも最後に食べるし😊


先日アップした蕾が一花一花。今年もピンク色から咲き始めました。


のどかな地方に暮らしているので、
季節の頂き物は多い方かもしれませんが

その瞬間
私を思い出してくれる人がいることって、改めてありがたいことだと感じます。

世の中には、今この瞬間にも
つらくて、寒くて、悲しい思いをしている人がいて、
けどせめて
自分の周りの人の厳しいことには、
寄り添えるような人でいたいと思う。
手を伸ばした時届く場所にいたいと思う。

あったかくてやわらかは、うれしい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

ブログ1周年-ヒヤシンスの写真と感謝の気持ち

立春🌸

水仙が咲いて、梅の花が咲いて、
今年も水耕栽培のヒヤシンスの蕾が膨らんできました。

このブログをはじめて1年。
初めての記事もヒヤシンスの写真でした。

環境は同じだけど発育の仕方はそれぞれ

最近では、投稿頻度も少なくなったのだけど、
変わらずポチっとしてくださる方がいて、本当に感謝です。
ありがとうございます<(_ _)>


立春大吉だし、新年だし、縁起もいいだろうと思い、
今日は履歴書を提出してきました。
面接は月末になるとのこと。
19日にも面接が1件。
いい結果になればいいです。


今年も、小さなはじめてのことをおもしろがっていきたい。
通り過ぎてしまうようなささやかなことを見つけたい。
ブログに投稿したい。(アウトプットしないとすぐ忘れる💦)
新しいことも知っていきたい。
石橋を叩いてばかりの行動力を1メモリ上げていきたい。

蕾が2房。何色が咲くか楽しみ♡


タイトルはAIさんが考えてくれました。
いちばん大げさでないやつを選びました。

1年前の自分に会えました。
soramameko.com




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

2024年の期待と今年の手帳

頂いたギフト券があったので、久しぶりにスタバに

通路挟んだ隣の席の女の子が、アングルを変えて、何枚も写真を撮っていたので、私もつられて撮ってみた😅



左がタイムコーディネート手帳
右がほぼ日手帳。
今年の手帳は2冊でいくことに……。

ゲッターズ飯田さんの占いによると、私は金のインディアン。
ラッキーカラーが緑ということなので、
10年?前に使った翡翠のような明るい黄緑色のカバーを引っ張り出し、
(緑色とは違う気もするけど、気に入っているのでよし!として)
5年?前に買って使ってなかったカバーオンカバーをセットして
オリジナル?ほぼ日手帳完成。


2024年、金のインディアンは、
「最高の3年間」がスタートする年だそうで、
しかも1964年生まれの私は✨還暦✨を迎えることもあって、
変な気合と妙な崖っぷち感なのです。
期限と数値を明確にして達成可能な目標をたてようと力んで
気が付けば1月も半分過ぎ…。


機嫌よく過ごすためにも、まずは土台作り。からだのメンテナンスをすることに!
何をするにも健康が大事。
体力が必要。
清潔感があって、できれば見た目も感じのいい人でいたい。

1月の目標を立ててみました。

 1. カイロプラクティックにいく (済)
 2. 歯医者にいく (済) → 虫歯を治療する
 3. 体重を1.5キロ落とす
 4. パックする
 5. 夕食後のスイーツは食べない
 6. カーブスに週4行く
 7. ハンドクリームと爪の栄養剤を塗る
 8. ウエストをしぼる
9. 健康診断の予約をとる
 10. 骨盤を立てて姿勢をよくする
 11. 水1.5リットル飲む
 12. 腹八分(どのくらいが八分目なのかよくわからないけど😓)

 
具合の悪い母親を、毎週カイロプラクティックに連れていってるのだけど、母の施術中いろんなことを教えてもらって、本当に勉強になります。
からだのこと全然知らないなぁと、人体ってすごい世界だなぁと改めて思います。
今回は、私も久しぶりに施術してもらいました。
そして、新春くじ引きは、なんと1等賞✨
やったー!\(^o^)/

こいつは春から縁起がいい🎵


月末に久しぶりに飲み会に参加することになり、
去年買ってたけど着ていく機会がなかったオニールオブダブリンのスカートを履いてみたら…。
おなかぽっこり💦
飲み会まであと1週間。お腹引っこめる💪
ゴムの服ばかり着ていると、いざウエストのある服を着ると閉まらなくてびっくりする。そして、からだの素直さに感心😖


歯の定期メンテナンスに行ったら、虫歯が💦
歯のホワイトニングの予定が、まずは虫歯治療。
甘いものばかリ食べてるからですね、
ここでも歯の素直さに感心😖

維持だけでお金のかかるお年頃。


今月は、履歴書書いて、就職活動もしてみます。
結果は都度アップしていきます。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

映画『PERFECT DAYS』を観ました

まずこのポスターにやられました💘

楽しみにしていた映画『PERFECT DAYS』
よかった♡
すごくよかった😊


箒で掃く音
スカイツリー
缶コーヒー
銭湯
酎ハイ
古本屋


映画を観てから時間が経った今でも
ひとつひとつ、くっきりとした輪郭でいろんなシーンを思い出します。
何気ない日常のシーンなのに不思議。


静かで豊かで余白のある映画。


悲しいわけでもなく、感情が揺さぶられたわけでもなく
気が付くと涙が…。
知らないうちに、
気づかないくらいに優しく
奥の方を撫でられていたようです。



音楽も素敵。
ことばの少ない平山(役所広司さん)の日常に、
流れる音楽がBGMでなく、
存在感があってもうひとりの登場人物のようでした。


カセットの音楽というのもたまらなく懐かしくて、
ガシャっと奥に押し込む音と指の感覚、思い出しました。
(数年前、断捨離した時にかなりの数のカセットテープを処分したので)

隠れ?推しポイント
石川さゆりさんの「朝日のあたる家」
しびれます!!
フルコーラス聴きたかった





以前観た西川美和監督の『すばらしき世界』もとても感動したのです。


二つの映画とも、役所広司さん圧倒的です。
存在感も重厚感もある稀有な役者さんなのに、
映画の中では「平山」と「三上」


木漏れ日。
木々の葉が風に揺れたときに生まれる光と影のゆらぎを、日本ではこういう。
それは、その瞬間、ただ一度だけのもの。

私のスマホにも、光と影を撮った同じようなアングルの写真がいっぱい
です。


  ~今度は今度。今は今~


同じような調子で呟きながら、自転車を漕ぐ🎵

今日もいい一日を

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村